ディズニー

【ディズニー】コロナ禍で入場制限中の混雑状況や待ち時間は?実際のパーク内の様子もレポート

依然としてコロナの収束が見えない日々が続きますね。。

2021年7月3日現在、ディズニーリゾートがある浦安市はまん延防止等重点措置の対象となっており、ディズニー両パークも入場者数を上限5千人としています。

我が家では、昨年と今年、コロナが落ち着いている時期にディズニーのチケットが取れたので、ディズニーランドとディズニーシーにそれぞれ行ってきました。

行った時期は2020年9月中旬と2021年4月上旬で、いずれも入場制限が緩和されていた時期でした。

本記事では、その時の実際のパーク内の写真も紹介しながら、現在の混雑状況をお知らせしたいと思います。

2021年8月の混雑状況はこちら。
【ディズニー】(2021年8月)緊急事態宣言中の混雑状況や待ち時間は?

子連れの方は、こちらもチェック!
【ディズニー】ベビーカー紛失・盗難防止対策3選!

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置以外の入場規制(上限1.6万人~)

昨年の7月1日に再開した両パークは、一日1.6万人程度から段階的に上限人数を緩和してきました。

昨年9月頃から今年初めの2回目の緊急事態宣言の直前までには、一日3~4万人程度まで緩和されていました。

コロナ禍前の2019年の同時期と比較すると、以下のような感じです。

コロナ禍(2020年9月~12月)コロナ禍前(2019年同時期)
平日上限3~4万人(各パーク)2~4万人(各パーク平均)
土日祝日上限3~4万人(各パーク)5~7万人(各パーク平均)

コロナ禍の平日はチケットが完売していなかった日もありましたので、上限人数に達していない日があったものと思います。

つまり、平日はコロナ禍前までほぼほぼ戻っていたのではないかと推測しています。

一方で、土日祝日はコロナ禍前に比べると約半分の人数に抑えられていたことから、比較的余裕を持てたのではないかと思います。

なお、2019年の情報はこちらのサイトを参考にさせていただきました。
http://www15.plala.or.jp/gcap/disney/

実際の混雑状況

実際にディズニーに行った時の混雑状況をレポートします。

2020年9月中旬 ディズニーランド

2020年9月の平日。

ディズニーの入場制限も緩和されつつあり、幸いチケットが取れたため、ディズニーランドへ行ってきました。

当時購入したチケットは、11時入園のもの。

11時8分ごろ、荷物検査場に到着。

ソーシャルディスタンスを保ちつつ、10分弱で入園。

11時を過ぎていたためか、それほど混雑はしていませんでした。

入園直後のワールドバザール。

想像していたよりは人出があるなと感じましたが、それでもコロナ禍以前に比べればかなり空いている感じでした。

ジャングルクルーズとウェスタンリバー鉄道の乗り場。

列は長くなっていますが、ソーシャルディスタンスによって長くなっているので、待ち時間は30分もなかったと思います。

ただ、列が長くなることで歩行エリアがやや狭くなってしまい、場所によっては人を避けながら歩くこともしばしばありました。

シンデレラ城前の通路は、かなり空いている状態。

14時入園の人たちが入ってきて明確に人が増えた実感はありましたが、レストランやおみやげ屋さんもそれほど密を感じずに過ごすことができました。

なんといっても、感染防止対策としてソーシャルディスタンスや手指消毒が徹底されていたことは、かなりの安心材料でした。

随所に消毒液があるため、これでもか!と手の脂がなくなるほど消毒してやりました(笑)

2021年4月上旬 ディズニーシー

2021年4月の平日。浦安市がまん延防止措置の対象地域になる前の、上限2万人の頃です。

ディズニーシーに行ってきました。

10時半入園のチケットのため、10時38分ごろ荷物検査場に到着。

10時半の入園開始時間を過ぎていたため、この列に並び始めて5分程度で入園できています。

メディタレーニアンハーバー。

12時入園の人たちがまだ入園前ではありますが、それほど密は感じませんでした。

14時過ぎに行われたミッキーたちのグリーティングの様子です。

遠近法でやや人が密のようになっている感じはしますが、キャストが二列三列と人が重なりあわないように
オペレーションされているようでしたので、実際はそれほど密ではありませんでした。

ショップ内は、閉園近くの混雑を避けてか、早い時間からやや人が多いように感じました。

夕方から夜にかけても、人はそれなりにいましたが、それほど混雑している感じはなく、ストレスはありませんでした。

まん延防止期間中の入場規制(上限5千人)

浦安市がまん延防止等重点措置の対象地域になったことを機に、2021年4月20日以降、上限が各パーク5千人となりました。

4月20日以前は上限2万人でしたので、単純計算で1/4になっています。

上のシーの写真で、ゲストの数が1/4になると思うと、もうガラガラという感じなのでしょうね。
僕もまだ上限5千人のパークには行ったことないので実際の感覚はわかりませんが(泣)

アプリで見る混雑状況

2021年7月3日(土) 15:30頃

2021年7月3日(土) 15:30頃のアトラクションの待ち時間をアプリで確認してみました。

まず、ディズニーシー

左から、

  • ソアリン、トイ・ストーリー・マニア:スタンバイパスのみ。
  • タワー・オブ・テラー:5分待ち
  • センター・オブ・ジ・アース:25分待ち
  • 海底2万マイル:5分待ち
  • インディジョーンズ:20分待ち
  • レイジングスピリッツ:15分待ち

次に、ディズニーランド

左から、主なアトラクションの待ち時間。

  • スペースマウンテン:15分待ち
  • スティッチ・エンカウンター:10分待ち
  • バズ・ライトイヤー:5分待ち
  • スター・ツアーズ:5分待ち
  • モンスターズインク:5分待ち
  • スプラッシュ・マウンテン:30分待ち
  • ホーンテッド・マンション:13分待ち
  • ビッグサンダーマウンテン:休止中
  • シューティングギャラリー:25分待ち
  • ジャングルクルーズ:15分待ち
  • ウェスタンリバー鉄道:10分待ち
  • 魅惑のチキルーム(スティッチ):5分待ち

2021年7月14日(水)15時ごろ

2021年7月14日(水)15時ごろのアトラクションの待ち時間をアプリで確認してみました。

まず、ディズニーシー

上段左から

  • ソアリン、トイ・ストーリー・マニア:スタンバイパスのみ。
  • タワー・オブ・テラー:5分待ち
  • センター・オブ・ジ・アース:35分待ち
  • 海底2万マイル:5分待ち
  • インディジョーンズ:20分待ち
  • レイジングスピリッツ:15分待ち

下段左から

  • アクアトピア:10分待ち
  • ニモ&フレンズ・シーライダー:15分待ち
  • マーメイドラグーンシアター(キャラクターグリーティング):30分待ち
  • ジャンピン・ジェリーフィッシュ:5分待ち
  • ブローフィッシュ・バルーンレース:10分待ち
  • ワールプール:5分待ち
  • スカッとルのスクーター:5分待ち
  • ”サルードス・アミーゴス”キャラクターグリーティング:20分待ち
  • フランダーのフライングフィッシュコースター:5分待ち
  • タートルトーク:5分待ち

続いて、ディズニーランド

上段左から、

  • スペースマウンテン:20分待ち
  • スティッチ・エンカウンター:10分待ち
  • バズ・ライトイヤー:休止中(7/13~7/17)
  • スター・ツアーズ:10分待ち
  • モンスターズインク:5分待ち
  • スプラッシュ・マウンテン:35分待ち
  • ホーンテッド・マンション:13分待ち
  • ダンボ:15分待ち
  • ビッグサンダーマウンテン:休止中(7/2~7/21)
  • シューティングギャラリー:5分待ち
  • ジャングルクルーズ:20分待ち
  • ウェスタンリバー鉄道:10分待ち

下段

  • イッツ・ア・スモールワールド:10分待ち
  • プーさんのハニーハント:14分待ち
  • ミッキーのフィルハーマジック:10分待ち
  • アリスのティーパーティー:5分待ち
  • キャッスルカルーセル:5分待ち

こちらもチェック!

まとめ

入場制限が5千人や1万人程度であれば、とても余裕をもって時間を過ごせると思います。

ただ、入場制限が2万人程度になったとしても、キャストの方がかなり厳しく密を回避するようオペレーションしてくれるので、安心材料はあります。

何はともあれ、パーク内はコロナ対策がかなり徹底されているので、その辺のショッピングモールに行くよりも、もしかしたら安全かもしれません。

1人1人がきちんとモラルある行動をすることで、パーク内の運営もスムーズにいくと思いますので、しっかりと対策していきたいですね!

-ディズニー