ディズニー

【ディズニー】ベビーカーレンタルや迷子対策を紹介!体調不良時は中央救護室へ!

赤ちゃんや小さな子供とディズニーに行くとき、色々と事前に調査したり、準備したりすることがあると思います。

子供とディズニーに行くときにチェックしておきたい情報をまとめましたので、ぜひご活用ください!

ベビーカーのレンタル

大きな荷物になりやすいベビーカー。

電車で来園する場合などは、なるべく荷物を少なくして現地でベビーカーを借りたい、という親も多いはず。

ベビーカーは、両パークのエントランス付近(パーク内)にある「ベビーカー・車いすレンタル」で借りられます。

出典:ディズニーランド公式サイト
  • 料金:1日1台1,000円
  • 利用対象:生後7カ月以上
  • 身長:100cmまで
  • 体重:15kgまで
  • 背もたれ:リクライニング機能あり
  • 安全ベルト:あり
  • 日よけ(シェード):あり
  • ストッパー:後輪にあり
  • ベビーカー用レインカバー:別売(3,570円(税込))
  • その他:1人乗り。前輪が回るので方向転換しやすい。

公式サイトでのベビーカーレンタルのページはこちら。
https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/guide/babycar.html

自分のベビーカーで行く場合(ベビーカー紛失防止)

ご自身のベビーカーで入園する際、ぜひもらっておきたいのが、「ベビーカータグ」。

アトラクションに乗る際は、ベビーカーを一時的に所定の場所に置いておく必要があります。

周囲にはたくさんの似たようなベビーカーがありますので、他の方が間違ってもって行かないよう、目立つところにつけておきましょう。

両パークの「ベビーカー・車いすレンタル」で無料で配布されています。

迷子対策と迷子センター

迷子対策(迷子シール)

どんなに気を付けていても、ふっと目を離した瞬間に子供はふら~っとどこかへ。

特にディズニーは子供の興味を引くおもちゃやキャラクターがいっぱい。しかも人も多いので、ひとたび見失うと本当にヒヤヒヤすると思います。

そんなときの対策として持っておきたいのが、「迷子シール」。

出典:じゃらんnet(https://www.jalan.net/news/article/331212/4/)

電話番号、名前、年齢を書いて子供の服などに貼っておきましょう。

名前などを記載する青の丸枠の上の、シンデレラ城のイラストの部分もシールになっています。
これを下の個人情報の上に貼れば、個人情報が保護されるので安心です。

配布されている場所は、両パーク共にエントランス付近の場所です。

ディズニーランド:メインストリート・ハウス

出典:ディズニーランド公式サイト

ディズニーシー:ゲストリレーション

出典:ディズニーシー公式サイト

迷子センター

万が一、小学生以下のお子様が迷子になられた場合、お近くのキャストに声を掛け、迷子センターに問い合わせてもらいましょう。

ディズニーランドの迷子センターは、モンスターズインクの横のベビーセンターに併設されています。

出典:ディズニーランド公式サイト
出典:ディズニーランド公式サイト

ディズニーシーも、ホテルミラコスタのパーク内ゲートの近くのベビーセンターに併設されています。

出典:ディズニーシー公式サイト
出典:ディズニーシー公式サイト

体調不良の時は中央救護室へ

子供の様子がちょっとおかしい、気分がすぐれない、ケガをしたなどの場合には、無理せず近くのキャストに声をかけ、中央救護室へ行きましょう。

看護師さんがおり、応急処置をしてくれます。

ディズニーランドの中央救護室の地図はこちら。

出典:ディズニーランド公式サイト

ディズニーシーの中央救護室の地図はこちら。

出典:ディズニーシー公式サイト

まとめ

子供とのディズニーは、すごく楽しい反面、色々と予測不可能なことも起き、てんやわんやになることも。

事前に公式サイトなどを参考にいろいろな想定をしておけると、当日冷静に対応できると思います。

本ページも、いざというときの情報を中心にまとめましたので、ご参考になれば嬉しいです。

楽しいパークライフを!

-ディズニー